デザインデータ作成時の注意点

お客様の方でデータを作成いただく場合、下記注意事項を必ずご確認くださいませ。




著作権・肖像権の侵害について

・「著作権・肖像権の侵害」に該当する内容のものに関しては印刷をお断りさせて頂いております。

・こちらで著作権・肖像権の侵害の可能性があると判断した場合、ご注文をキャンセルさせていただきます。

・また、ご入稿いただいた段階で全てのお客様は、ご利用規約に同意されたものといたします。

・弊社に損害発生に関する予見可能性があったとしても、当店は一切責任を負わないものとします。

本商品の印刷は一点一点手作りです

・印刷機に設置する際、ひとつひとつ手作業で行っているため、わずかな印刷ズレが生じる場合がございます。

・上記の理由から、3mm以内の印刷ズレにつきましては許容範囲内とし、ご返品や刷り直しの対象外とさせて頂いております。

お送りいただくデータに関して

・印刷はAdobe illustrator 形式、もしくはPhotoshop 形式ファイルのみ受付可能です。 (※バージョンはCreative Cloud まで対応)

・文字 (フォント)は必ずアウトライン処理を行って下さい。

・画像を使用した場合、「埋め込み画像」「リンク画像」どちらかで配置して下さい。

・「リンク画像」は、illustratorファイルとリンク画像は、同じフォルダ内に同梱して下さい。

・画像解像度は、原寸の画像サイズで最低300dpi (推奨は350dpi)を推奨しております。

・画像の解像度は原則的にデータチェック対象外になります。

・低解像度による仕上りの品質に対しての責任は負いかねます。

背景を透明にしたい場合

デザイン上透明にしたい部分を透過にしたpngの画像データを作成、またはマスクしたいオブジェクトをクリッピングマスクなど行って頂き、入稿してください。 透明に透過した箇所はインクがのらない為、本商品のお色のままとなります。

白ベタ用のレイヤーを必ずご用意下さい

商品の素材の特性上、お客様が作成頂いた要素 (デザイン)の下地に白ベタを置く必要がございます。 データをご用意いただく際は、レイヤーに白ベタのみのレイヤーを作成いただくようお願い致します。

印刷部分の下地に白押さえ (白ベタ印刷)を行います

カラー印刷を行う際は、下地に白押さえ (白ベタ印刷)を行います。 「白押さえ」とは印刷する時に、一度白いインクで塗ってからから再度その上から印刷する事です。 そうする事で、白い紙に印刷したようにキレイに色を発色することができます。

印刷対応が可能な表現と不可な表現

白色要素を「半透明」や「ぼかし」などの表現はプリント表現できませんので予めご了承下さい。 また、パス抜き画像の「ぼかし」や「半透明」はモニター上の表現と異なる仕上がりになる為、対応不可とさせて頂いております。
シルバー ボールチェーン

白要素の画像データを白(ホワイト)100%で作成した場合。

ブラック ボールチェーン

白要素の画像データを「ぼかす」と正しく印刷できません。

ブラック ボールチェーン

白要素の画像データを「ぼかす」と正しく印刷できません。

シルバー ボールチェーン

パス抜きはこのような形にして下さい。

ブラック ボールチェーン

要素を「ぼかす」と正しく印刷できません。

ブラック ボールチェーン

要素を「半透明」にすると正しく印刷できません。